So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

ごめんね・・・[思い出のかけら] [心の内側]

ごめんね・・・

いつだって振り向くと君がいた
いつもの笑顔が僕を見つめていた

でも僕はその視線に気づかないふりをしていた
その想いに気づいてはいけないと思っていたから
その想いに応えることができなかったから・・・

君はまっすぐに僕だけを見つめていた
僕がどんなに視線をはずしても
君は僕の視線がどこに向かっているのかもわかっているはずなのに
けして笑顔を絶やすことなく・・・

あのクリスマスの夜、ミサからの帰り道
君を家に送り届けるまでのほんのひと時だったけれど
僕は初めて君の視線を、まっすぐな君の想いを受け止めた
けれどそれは・・・

ごめんね・・・

君はいつものやさしい笑顔で僕を見つめていた
静かに・・・いつまでも・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0