So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

本日の1冊 『断章のグリムXI いばら姫・下』 [ライトノベル]


断章のグリム 11 (電撃文庫 こ 6-24)

断章のグリム 11 (電撃文庫 こ 6-24)

  • 作者: 甲田 学人
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2009/08/10
  • メディア: 文庫



<泡禍>に飲み込まれ、朽ち果てようとする家族
一人、また一人、無残な姿を晒してゆく

最初の一人は<異端>となり
次の一人は<異端>により苗床となった

さらに正気を取り戻した狂気が新たな死を生み出し
その狂気も家族の絆の前に沈んでゆく

ただ一人残されたものは皆を取り戻したいと願うのか
それとも……

“リカ”の夢の中で死んでしまった“リカ”は
はたしてなにを想うのか……



甲田学人さんの 『断章のグリムXI いばら姫・下』 です。

前巻、そして今巻と、2巻に亘って描かれた<泡禍>による惨劇は、決して多数の人を巻き込むような巨大なものではありませんでしたが、欺瞞に満ちた一つの家族をその内に取り込み、ズタズタに引き裂いてしまいました。
この家族にとっての唯一の救いは、生き残った一人がこれまで家族の中で感じていた孤独など、本当の孤独ではなかったということに気づいたということでしょうか。
なんともやるせないことですが……。

そんな悲惨な様子を描いた描写ですが、今巻はちょっと物足りませんでした。
<泡禍>絡みのおぞましい描写は『断章―』の最も美味しいところだと思うのです。
確かに<異端>となった母親の朽ち果てながらも蠢く姿はおどろおどろしいものがありますけれど、そればかりではなんとも……。
前巻がバリエーション揃いだっただけに、実に惜しい感じです。
それとも、そう感じるってことは、単にこちらが麻痺してきているだけなのかしら?
それは嫌かも……。
だって、美味しいものを美味しく感じないってことですものね。

話は変わって、前巻で姿を現した“死んだはずの少女”のことです。
結局、なぜ生き返ったのかは判ったのですが、なぜ生き返らせたのかが判らないままになってしまいました。
しかも、お話にどんな風に絡むのかとても期待していたのですけれど、蓋を開けてみれば「あれ?」って感じです。
そのあたりは次巻以降に回すってことなのかな?

それともう一つ気になるのが、ラストで見られた“風乃”の笑みと“蒼衣”の感じた違和感の持つ意味。

はたしてこれらが今後の展開にどのように影響してくるのでしょうか。
そして次はどんな童話を題材に美味しい物語が描かれるのでしょうか。

次巻が楽しみです。




イラスト担当 三日月かけるさんのWS:MIDORIYASIKITEN
http://www002.upp.so-net.ne.jp/mikaduki/

関連記事:
2009/04/26 [ 本日の1冊 『断章のグリムX いばら姫・上』 ]
2008/12/07 [ 本日の1冊 『断章のグリムIX なでしこ・下』 ]
2008/08/10 [ 本日の1冊 『断章のグリムVIII なでしこ・上』 ]
2008/04/11 [ 本日の1冊 『断章のグリムⅦ - 金の卵をうむめんどり』 ]
2007/12/08 [ 本日の1冊 『断章のグリム 6 赤ずきん(下)』 ]
2007/08/08 [ 『断章のグリム』 ]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0